タコ部屋を知っていますか?



――劣悪な環境
トップページで少し触れたタコ部屋の環境についてお話します。

劣悪、非人間的など様々な表現がされていますが、
具体的にはどのような環境なのかが気になると思います。

映画のカイジを観たことがある方は想像がつきやすいかもしれません。
勝負に負けると地下で無理矢理働かされるシーンがありますよね。
あれがタコ部屋の一例です。

観たことが無い方のために・・・三つに分けて説明します。

まずは、部屋についてです。
狭い部屋にぎゅうぎゅう詰めで詰め込まれます。
ゆったりと過ごすスペースなど当然ありません。
部屋には鍵がついていて、その上監視役もいるので逃亡は出来ません。

逃亡を試みて見つかった場合集団リンチに遭います。
万が一逃亡に成功したとしても、働く場所は山奥や、未開の地ばかりなので
途中で遭難してしまい、死亡することも少なくなかったようです。

次に食事です。
食事は三食食べさせてもらえます。
既にお察しかと思いますが、
その食事は普通の生活をしている人からすれば食べれたものではありません。
スープの味付けが塩辛すぎて喉が渇いてしまったり、
何か分からないような肉を食べさせられたり・・・

残した場合もリンチに遭います。
また、どんなに不味くてもそれ以外に食料がないので
残す人はなかなかいなかったようです。

最後に、買い物です。
周りに買い物をする施設はありませんでしたが、
給料から天引きで煙草や饅頭、水などを買うことが出来ました。

しかし、定価で買わせてくれる訳もなく・・・
とんでもない金額で買わされていました。

労働時間だけでなく、食事の時も飲料の支給はありません。
それに食事のスープは塩辛く、喉が渇きます。
嗜好品や間食などは我慢出来たとしても、水分は我慢できず、
購入者が続出だったそうです。

どんな環境で働いていたのか、
皆さんが想像する手助けになれば嬉しいんですが、どうでしょうか?

やはり文字だけでなく映像を見た方がイメージしやすいと思うので、
より理解を深めたい方はカイジを観てみるのも一つの手だと思います。
(映画の宣伝のようになってしまいました、すみません・・・)

これは戦前の時代の環境なので、
現代のタコ部屋はここまでではないかもしれません。
しかし、劣悪な環境であることは確かです。
タコ部屋にお世話にならないように気を付けましょう。





Copyright2013 タコ部屋を知っていますか? All rights reserved.